DMMかりゆし水族館オープン日はいつ?場所や採用(求人)も調査!

2020年DMMかりゆし水族館が沖縄にオープンします!新卒などの採用やアルバイトの求人募
集も行っているようです。

「オープン日はいつなんだろう?」「場所はどこ?」なんていろいろ気にになりますよね!

そんなDMMかりゆし水族館についての気になる情報をまとめてみます!

DMMかりゆし水族館オープン日はいつ?料金は?

DMMかりゆし水族館のオープン日はいつなんでしょう?気になる人も多いのではないでしょう
か?

DMMかりゆし水族館のオープン日は4月下旬になってます。まだ少し先なので日にちもこまめ
にチェックしておきたいですね。

2月にはWEBやコンビニ・プレイガイドなどで前売りチケットが発売されます!

ちなみに料金は大人2,400円(18才以上)中人2,000円(13才~17才)小人1,500円(4才~12才)無料(3才以下)となっています。

DMMかりゆし水族館場所・アクセス

DMMかりゆし水族館の場所は沖縄県豊見城市です。沖縄本島南部に位置し那覇市の南に隣接して
います。

なんでも最近人口が増加しているベッドタウンだそうですよ!DMMかりゆし水族館がオープンし
たらますます人気が上がりそうですね。

アクセスも那覇空港から車で20分という速さです!

DMMかりゆし水族館採用(求人)情報

DMMかりゆし水族館では現在求人募集もしているようですよ!

このような内容になります。

・2020年新卒(総合職)(保育職)

・第二新卒(オープンポジション)
①飼育管理(カスタマーサービス兼務)
②飼育管理(保守メンテナンス管理兼務)
③カスタマーサービス(飲食・物販・アドミニストレーション)
④保守メンテナンス管理
⑤映像クリエイターアシスタント
⑥総務・経理

・中途採用(生体飼育管理)(保育スタッフ)(カスタマーサービス)(内装デザイン)

・アルバイト(カスタマーサービス)

出典:リクルート採用情報

話題の水族館とあって求人も人気があるので、気になる人は早めに応募してみてくださいね!

DMMかりゆし水族館と美ら海水族館の比較

沖縄の水族館と言ったら今真っ先に思い浮かぶのは「美ら海水族館」だと思います。ここで少し美
ら海水族館について説明します。

美ら海水族館の特徴

美ら海水族館の場所は沖縄県国頭郡に位置する国営沖縄記念公園・海洋博覧会地区の水族館です。
2005年にアメリカ合衆国のジョージア水族館が開館するまで世界最大の水族館でした。

那覇空港からは2時間3時間かかりますが、直行バスが6:40~19:50の間に21便出ています。

1時間に2本3本出ているようですからそんなに苦にならずに待てる範囲です。

ちなみに料金は2,000円です。

美ら海水族館はオーシャンビューで建物が海まで含めて水族館のような設計になっています。空の
青と海の青そして水族館が一体となったスケールの大きな水族館です!

美ら海水族館には60㎝もある巨大水槽があり、中にはジンベエザメとマンタが一緒に泳いでいま
す。珊瑚礁の水槽の上が開いていて、自然の光が差し込むようになっています。

こんなところに出来るだけ自然と一体化した生き物を見て欲しいという気持ちが伝わって来ますね

DMMかりゆし水族館の特徴

それに対してDMMかりゆし水族館はどうでしょう?

こちらは、「亜熱帯気候が織りなす常緑の森」と「多彩な生き物が息づく澄み切った海」をコンセプトにしています。

亜熱帯気候が織りなす自然の魅力を「自然」「空間」「映像」の調和で表現しています。癒しを与
えてくれそうですね♪

DMMかりゆし水族館では森も海も動物だけでなく植物もあわせて「生き物」としていて、動物は
もちろん!森や海の植物も見て欲しいのかな~。なんて私は思いました。

DMMかりゆし水族館はまだ開演前なので全貌が見えていません。しかしCMなどを見ると生き物
が生き生きしてる感じやペンギンやかわうその面白さが伝わって来ます。

CMを見るだけで「楽しい!」「面白い!」「行きたい!」って思ってしまいますね♪

CMもいろんなバージョンがあってかわいいと話題ですよ!

>>DMMかりゆし水族館CM声優は誰?沖縄バージョンもチェック!

那覇空港から近いのでちょっと時間があれば行けますね!「この水族館、フツウじゃない!」って「どこがフツウじゃないのよっ!」て確かめたい気がします。

美ら海水族館は那覇空港から遠く時間もかかるので一日つぶせるくらいの時間に余裕がある時や自然
と一体化したスケールの大きな水族館が好きな人に向いているのかな~。と思いました。

もちろんどちらもとても魅力的でどちらにも行きたいですね♪


人気ブログランキング にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする