財前直見終活で資格6種取得!ほうれい線は若い頃から?

ドラマや映画など多くの作品においてとても印象深い役柄を演じている演技派女優の財前直見さん。

最近では終活に取り組んでおり、資格6種を取得したことでも大きな話題になっています。

そして2007年から一人息子と大分へ移住し、仕事の度に上京する生活を送っています。

また財前直見さんといえば口周りにあるほうれい線ですがこれは若い頃からなのでしょうか?

今回は若い頃から女優として活躍している女優・財前直見さんに関して、取得した資格やほうれい線のこと、終活に向けての考えなどを調べて行きたいと思います。

スポンサーリンク

財前直見資格6種取得?終活ノートも

女優として忙しく活動している財前直見さんが仕事の合間を縫って取り組んでいたこと、それが今回ご紹介する資格6種の取得です。

具体的にどんな資格6種を取得していたかというと

『メンタル心理カウンセラー・上級心理カウンセラー・行動心理士・シニアピアカウンセラー・エレガンスマナー・終活ライフケアプランナー』

の資格6種です。

資格6種を取得したことももちろん驚きなのですが、これらの資格をなんと4ヶ月という期間で取得したというのです。

これは本当に驚きです。

ではどうしてこれら資格6種を取得されたのかというと、自身のお子さんに『お母さんも勉強している』という姿を見せたかったという点と、『誰かの役に立てる存在になりたい』という2つの思いからでした。

特に『終活ライフケアプランナー』は義母が亡くなった際、遺品整理をすることになったとき義母が何を大切にしていたのか、手続きに必要なものはどこにあるのかなどが全く分からなかったのがきっかけでした。

故人の想いや相続したいと思うものを生前にしっかりと家族が把握していれば、遺された遺族は失意の中にいてもしっかりと故人の想いを汲んで行動することができると考えたのです。

自身が突然亡くなったときにも遺された家族が困らないようにと、必要な手続きの書類や印鑑などの場所などは『終活ノート』に記しているのだそうです。

それにしても資格6種を取得する財前直見さんの努力はとてつもないパワーだと思いますしその飽くなき探究心は見習いたいなと思います。

財前直見ほうれい線?

さて、4ヶ月という短い期間に6種の資格を取得した財前直見さん、ご存知の通りとても美人な方ですがお顔に関してのある部分が話題に上がっています、それが『ほうれい線』です。


女性に『ほうれい線』のことをイジるのはなんとも失礼なワードではありますよね。

一部でそのほうれい線は若い頃から苦労しているから、また離婚やシングルマザーとなったことによるストレスが原因などという話にまでなっています。

財前直見さんは2018年2月現在で53歳になられます。

ほうれい線を話題にするより53歳という年齢なのにあの肌のハリや綺麗さの方に注目したいものです。

若い頃から苦労しているからほうれい線があるという考え方についてはどうでしょう。

ここからは若い頃の財前直見さんについて見ていきましょう。

財前直見さんの若い頃?

財前直見さんと言って思い浮かべるドラマは『お水の花道』や『お金がない』でのどちらかというと芯のしっかりとした強い女性ではありませんか?

女優さんとして強い女性を演じるよりも昔の若い頃、ポスターなどを彩るグラビアもされていた過去があります。

若い頃からその美しさは注目されてきたのですね。

若い頃のお写真を見ても思うのは先程も考えた『ほうれい線』の存在ですが、あるんです。

今よりも深くはないものの、ほうれい線は確かにあります。

しかし苦労をしているからというよりも、若い頃から財前直見さんのお顔のチャームポイントの1つと考えるほうが正しいと思います。

それにほうれい線はよく笑う人にできるものとも言われていますので、財前直見さんは若い頃から苦労をしてきたからだという考えは違うと私は思います!

スポンサーリンク

財前直見終活で資格6種取得!ほうれい線は若い頃から?まとめ

今回は女優さんとして存在感抜群の演技派・財前直見さんについて調べてきました。

財前直見さんは義母が亡くなった際、故人の想いを汲むための最善の行動がわからずに困ってしまったという経験をしました。

そんな経験から自身が亡くなった時に遺された遺族が困らないように、終活するための『終活ライフケアプランナー』の資格を始め6種もの資格を取得したこと。

若い頃からその美しさが評価され今ではドラマや映画に欠かせない女優さんになった財前直見さん。

ほうれい線が劣化であるなんて話もありますが、年齢を重ねているから当然のことであり、逆にチャームポイントにもなっています。

笑顔が素敵な財前直見さん、そのパワフルな性格と将来を見据えたしっかりとした考え方はぜひ見習っていきたいなと思いました。

スポンサーリンク


人気ブログランキング にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村