麻生夫人のドレス意味やお辞儀が素敵!ファッションブランドは?

2019年10月22日に執り行われた「即位礼正殿の儀」。

総理夫人である昭恵夫人の膝丈ドレスに「ふさわしくない」との意見が集まったのに対して、麻生太郎大臣の妻である麻生千賀子夫人のドレスやお辞儀の振る舞いが素敵だと話題になっています。

麻生夫人の服装や持ち物といったファッションについて、また世間から絶賛されているお辞儀などの振る舞いについてご紹介します。

スポンサーリンク

麻生夫人ドレスはローブモンタント

素敵だと絶賛された麻生夫人のファッションについてデヴィ夫人も言及しています。

 22日の「即位礼正殿の儀」に安倍昭恵首相夫人が白のヒザ丈ドレスで出席したことに、ネット上には「非常識ではないか」など批判の声が噴出した。

これについてデヴィ夫人は「首相夫人が万歳の時にスカートが膝上にあった。やっぱりちょっとご存じないなぁと。麻生(太郎財務相)夫人は完璧だった」とピシャリ。

儀式は朝から絵を描きながら見ていたデヴィ夫人は「平安絵巻を見ているような感じで素晴らしかった」と感想を述べた。

出典:yahoo!ニュース

さて、話題となっている即位礼正殿の際の麻生夫人の装いはこちらです。

深いグリーンで露出の少ないきれいなシルエットの衣装に白手袋とお扇子、そしてパールのネックレス。

このドレス、ローブモンタントというドレスなのだそうです。

麻生夫人ファッションに込めた意味が素敵。ブランドやデザイナーは?

今回の麻生夫人の素敵な装いが話題になり、ドレスブランドやデザイナーについて気になる方も多いようです。

このドレスのブランドやデザイナーは分からなかったのですが、この服装に込められたいろいろな意味があることがわかりましたのでご紹介します。

まずドレスのローブモンタントとは、高い立襟のドレスで、フランス語で「上がる」「登る」「高まる」といった意味があります。

ちなみに「ローブモンタント」に対して「ローブデコルテ」は首回りが深くあいているデザインのことです。

露出も少なく、意味合いとしても今回の儀式にふさわしいドレスですね。

そして、このドレスの深いグリーンは、常磐色(ときわいろ)。

常磐は永久不変の意味で、 長寿と繁栄の願いが込められた色名です。

さらにお祝いの場ということでパールのネックレスで上品な華やかさをプラスされたことも完璧ですね。

麻生夫人の服装の意味を知ると一層、素晴らしいですね。

そして、装いに加えて素晴らしいと絶賛されているのが麻生夫人の振る舞いです。

今回の即位礼正殿での麻生夫人の素敵な振る舞いも画像とあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

麻生夫人のお辞儀とは?祝砲時の笑顔も注目

麻生夫人のお辞儀とは、万歳三唱時のことです。

皇室の方が万歳三唱されている間、麻生夫人は深くお辞儀をされていたのです。

この時の姿がこちらです。

これには品があって素敵という声が多くあがりました。

そしてさらにそのあとに見せられた笑顔がすばらしかったのです!

祝砲時の麻生夫人の笑顔がこちらです。

厳かな雰囲気だけではなく、お祝いに相応しく晴れ晴れとした笑顔を見せられた麻生夫人。

どんなお人柄なのか気になり調べてみたところほかにもこのようなエピソードがありました。

麻生夫人、知れば知るほど魅力的な方ですね。

スポンサーリンク


人気ブログランキング にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする